ABOUT

 

本当の心地よさは、シンプルさのなかに。 

 

充分なゆとりのある空間で自由になれる時、いのちは自然な動きと呼吸をはじめます。

無理のない天然素材と、しなやかな手仕事から生まれた解放感のあるシンプルな形。

 

今、手元にあるシンプルさに身を委ね、
おのずと溢れる豊かな感性を愉しむことの中にこそ
本当の心地よさのはじまりがあるかもしれません。

 

靴は、毎日の足元を支える暮らしの道具。
無理なく共にあれるモノとの暮らしが、
みなさまの日々を少しずつ満たしていくことを願っています。

 

何かを追い求め続けることはせず、ただシンプルに、duckfeetがduckfeetそのものであることを、わたしたちは大切にしています。

 

 

 

"simple and functional"

「シンプルで機能的」という土壌

duckfeetが変わらず作り続けるのは、20世紀半ばの北欧デザインを代表する “シンプルかつ機能的” な靴。

人の足形に沿った無理のないデザインにより、つま先まで充分な空間が設けられ、中底とアッパーに使われる上質な天然革は、呼吸をするように足の水分を適度に外へと逃がします。

 

 

選び抜かれた逞しい革は、永い時間を共に出来るタフさと共に、使い手に合わせてかたちづくられる、その弾力と柔軟さが魅力です。

アッパーと中底には、植物タンニン鞣しを施した牛革を。靴底には、歩行による衝撃を程よく吸収しながら無理なく返す、天然ゴムが使われています。

革の表面には、「生きた痕跡」が微妙な色ムラや傷となって、自然と表情にあらわれます。天然素材と人の手によって仕上げられるものづくりは、風合いや仕上がりに微妙な変化をもたらし、二つとして同じものが無いのが特徴です。そうした違いやゆとりにこそ、履く人の暮らしや人生が刻まれて、独自の味わいや色が深まっていくとduckfeetは考えます。

 

  

地産地消のものづくり

素材の革は、使用する動物の生息地から鞣し、製造まで、すべてヨーロッパ圏内で行っています。 

製造は、1980年代から、靴の歴史ある産地として名高いポーランドの工房で行ってきました。一つの工房と長年の交流を続け、深い信頼関係のうえに共に靴づくりを行っています。すべての取引先との間にある同様の信頼関係が、一足の靴を支えています。 

 

|持続可能性と共に

わたしたちは素材の利用や生産にあたって、その持続可能性と正面から向き合い、皮を提供してくれる動物たちの生育環境や、携わるメンバーの労働環境について、過剰な負荷が掛かっていないか、常にその在り方へ意識を向けています。 

扱う素材〜生産のすべてにおいて、その持続可能性への配慮を行っています。 

 

|天然素材をそのままに|

すべてのDuckfeetは丈夫な革と天然クレープソール(生ゴムを使用した靴底)が使われており、一切の合成素材は使われていません。 

 

 _______________