history

 

1975年、北欧はデンマーク南部に位置するSkærbækの地で、Wiechmann夫妻( Inga and Claus )によりduckfeetは誕生しました。

以来、小さなサイズでの経営を続けながら、シンプルであること、そして正直であることを基本に、デザインから生産までを本国デンマークとヨーロッパの近隣地域で行っています。 

創業時に生まれた二つのモデル(「Jylland」「Sjælland」)のデザインは、今なお変わることがありません。シンプルさをそのままに、同じ木型とパターンによる靴作りが、今日まで受け継がれています。 

 

HISTORY|歴史

duckfeetの生まれたSkærbækの地には、元々、縫製を得意とする女性たちの暮らしがありました。Wiechmann夫妻がこの土地で靴の生産を行うことは、土地に根付いた文化や風習に習う、自然な取り組みでもありました。

1970年代、Skærbækはデンマーク有数の靴の生産拠点として発展を遂げ、それまで家の中で縫製を行ってきた女性たちは、次第に町の工房に集い、靴の生産に携わるようになりました。

 

 

今、手に取るduckfeetが
創業時の一足と同じであること。

自然環境や、無理のない緩やかなフォルムへと人々の意識が向き始めた1970年代。天然素材と最小限の材料によって、シンプルな足の形にかたどられたduckfeetは、建築家フランク・ロイド・ライトやルイス・サリバンが提唱した「形態は機能に従う」「形態と機能は共にある」という思想を体現するものとして、新たな価値観での生き方を求める北欧の人々のあいだに浸透します。

 

夫婦による妥協なき靴作り

当時、素材にフルグレインレザー(*)を使った、足先に緩やかなカーブを描く靴 "danske andefødder"(現地の言葉で「デンマーク産アヒル靴」の意)は一つの流行でもあり、数々の生産者が手掛けました。しかし、1980年代の市場経済の低迷と、後に東西統一へと繋がる政治・経済の激動の中、途絶えることなく生産を続けた唯一の生産者が “Wiema Sko”(現duckfeet)でした。

Wiechmann夫妻の培った経験による、素材選びと確かな手仕事による上質なものづくり。その妥協なき精神こそ、今日まで人々に愛用され続ける道をつくってきました。 

 

生産拠点をデンマーク国内からポーランドへと移して以降は、ポーランドの伝統ある靴工房の職人たちと、深い信頼関係の元に生産を続けています。

こうした歴史に誇りをもって、現在のduckfeetにはデンマーク国旗とアイコニックなアヒル足の刻印が施されています。 

 

 * フルグレインレザー(full-grain leather)・・・革の最も外側であり、毛を取り除いただけの天然皮革。加工を加えていないため、最も自然な状態に近い革素材。傷やシワといった生命の痕跡を隠したり除いたりすることをしない自然な革は、最高品質の繊維組織から成り耐久性が高いことでも知られています。 

 

敬意と共にあるシンプルな創造を、これからも。

2004年、夫妻は次世代の担い手としてVibeke Dissingへとduckfeetを受け継ぎました。

Vibekeは、北欧有数の靴メーカーで豊富な経験を積んでいたことに併せて、「過剰を求めず、控えめに永く未来へと引き渡す」という創業者の精神を心から理解した女性でもありました。

以降、彼女の細やかな取り組みにより、材料の調達から商品の配送まで一貫して、暮らしと環境に最大限配慮した生産を守り、今なお創業当初と変わらぬ一足を作り続けています。
「健やかな靴を、適した素材で上質に作る伝統を、未来へ引き継ぐ。それに携われることが、幸せです。」 Vibeke Dissing

 

 

Message from Vibeke Dissing

Vibeke Dissingです。ダックフィートのオーナーとしてご縁を頂いたことは、私にとって誇りです。

1975年、ヴィーヒマン夫婦の元に最初の一足が誕生して以来、私たちは変わることなく、職人たちの確かな技術と、デンマーク生まれのデザインにこだわって生産を続けてきました。

この時代の生産者として担う責任として「いかにあるか」を大切に、素材は、今手にし得る最もエコフレンドリーで最良のものを厳選しています。

ダックフィートは、持続可能なあり方と責任あるものづくりを通して、この地球と、靴を履いてくださる方々が、共に歩める最適な "道" を提供していきたいと思います。

みなさんが、ダックフィートを手に、それぞれの人生を歩むことを通してこそ、シンプルに、かけがえのない一足が生まれます。

この靴が、心地よさを体感しながら、歩むべき道への一歩を導くものと信じています。 

  

 
 

 

_______________