material

 

|革|

  • シューズのアッパー (甲部分)の革

ベジタブルタンニンとクロムの混合で鞣された、丈夫で逞しい牛革を使用しています。(ドイツ産)

  • サンダルの革

  ベジタブルタンニン鞣し牛革(ポーランド産)

  • シューズのヒールインソール(踵部分)・ミッドソール

  ベジタブルタンニン鞣し牛革(ドイツ産)

  • バッグの革

  ベジタブルタンニン鞣し牛革(ベルギー産)

  • ベルトの革

  ベジタブルタンニン鞣し牛革(ドイツ産) 

|靴底|

       ブラジルのゴム農園の樹木から計画的に採取された、天然ラテックスを100%使用したクレープソール。自然な柔軟性(屈曲性)と弾力性は、天然素材ならではです。

       生成時に化学薬品や染色剤は一切使用されていません。生成されたゴムは、EU基準に基づいて、イタリア国内にて靴底へと加工されています。 

       *使用しているゴムの木の種類は「PARA RUBBER TREE(パラゴムの木)」。ブラジル北部のパラ州が原産地ですが、需要の高まりに応じて、現在では東南アジアでも生産されている品種です。

      |靴ひも|

       duckfeetオリジナルのコットンシューレス。素材はエジプト綿100%を使い、ドイツ国内で生産されています。

      |ライニング|

       冬用ブーツや靴には、100%ヨーロッパ産の羊毛が用いられています。 

       

       

      <使用する牛革について>

      duckfeetには、数種類の革が使われています。

      それぞれの特性を活かして、靴のアッパーにはドイツ Hinenn社の「terracare® leather」、中底にはDavid Oehler社によるヌメ革、素足で触れるサンダルには、ポーランド産のベジタブルタンニンによる鞣し革を使用しています。

       terracare® leather

      CO2排出量を30%削減

      電力は社内生産または再生可能エネルギーを使い、通常(一般的な同業者)に比べて30%以上少ないCO2排出量で製造しています。 

      排出量ゼロを目標として、最大限の
      削減努力を行っていますが、生産過程でどうしても排出せざるを得ない分については、「植林活動」を行う専門団体との協働によって代替しています。活動は主に「The KIKONDA project in Uganda」(国連基準でGOLD評価を得ています)を対象としており、適性で公正な取り組みであることを確認しています。

      *annual neutralizing report for our leather spending for 2020
      (温室効果ガス削減にかかる証明書(2020))

       

       

       

       please click to see.

      97%以上のリサイクル/回収

      製造中に発生するすべての副産物の97%以上を利用またはリサイクルしています。副産物は主にバイオガス、堆肥、革小物、ゼラチンの製造に使用が可能です。

      水の消費量を40%削減

      一般的に、原材料となる生皮は通常「塩漬け」にして搬送・保管されます。これらの処理は腐敗防止を目的としたものですが、塩の洗浄には膨大な水を要することから、環境負荷を掛けることになり兼ねません。Hinenn社では、主に国内近隣地域からの素材調達を徹底し、塩漬けにせず、「冷却」運搬で鮮度を維持できる生皮のみを使用しています。こうして洗浄にかかる膨大な水の利用を抑え、通常より40%以上少ない水量での皮革生産を実現しています。更には、最新テクノロジーによる浄水機能を取り入れ、使用した水は自然界の水循環へと戻されます。

      100%クリーンな補助材料

      terracare®レザーは、製造時にREACH認定の補助材料のみを使用しています(REACH =化学物質の登録、評価、認可、および制限)。 化学物質の取り扱いは、法規定よりはるかに厳格な基準をもって扱われています。

      100%透明な調達

      原材料は、うち95%はドイツ国内、5%はヨーロッパ圏内から調達されています。 その起源の完全な透明性は、QRコードと皮革プロセッサーのterracare®アプリを介して常時確認が可能です。

       

      皮は、鞣し(なめし)や染色加工等、人の手を使った数々の工程を経て素材としての「革」が誕生します。 

      一般的に鞣しの工程では「初期鞣し」「再鞣し」の2段階を通じて、以下の「鞣し剤」が用いられます。  

      ・ベジタブル(栗、他) 
      ・合成剤(アルデヒド) 
      ・重金属(クロム、ジルコニウム、アルミニウム) 

      duckfeetでは、以下の3つのタイプの革を用途に応じて使い分けています。 

       A. コンビネーション タンニングレザー
        初期鞣し:クロム
        再鞣し:ベジタブル
       
        用途:アッパー( "bio" カラー除く)

       B. ベジタブル タンニングレザー
        初期鞣し:合成剤
        再鞣し:ベジタブル 
        用途:アッパー( "bio" カラー除く)

       C. ベジタブル タンニングレザー
        初期鞣し:
      ベジタブル
        再鞣し:ベジタブル 
        用途:ミッドソール
       

       

      ▼ドイツ Hinenn社 "terracare®leather" 紹介movie(英語)

       

      動物の恩恵を受けて

      皮は、私たちと同じ限りある<いのち>の一部。

      duckfeetは、用途が無ければ廃棄されてしまう「食用牛」の副産物である皮を使用しています。

      それらはすべてoeko-tex(スイスの品質管理会社)の認証を受けた、ホルモン剤や化学肥料を使わずに、健やかな生育環境で育てられた牛皮であることを確認しています。

       

      近隣の土地で健やかに育つ恵を、大切に使用する。

      エネルギーコストを含めたあらゆる環境負荷を最大限に抑え、人間が自然の一部として動植物たちと共にある、循環する暮らしをduckfeetは提案しています。

       

       _______________